シュンク・カーボン・テクノロジーの産業ソリューション

お客様の用途に最適な製品がここにあります。


前方指向性のシュンク・カーボン・テクノロジー製システムで、当社は電気モビリティの地平を押し広げました。このシステムによって、電気バス用バッテリーは毎日のルート巡回中でもステーションでも、数秒間で確実に充電できるようになりました。

当社では電力供給用に二つのソリューションをご用意しています。今日、バッテリー駆動電気バスを含む地域公共交通では、屋根搭載型集電器が最も開発の進んだ主流技術となっています。これとは対照的に、当社の統合型集電器は固定充電インフラに組み込まれています。コンタクトシステムはオープン型インフラを備え、バスの屋根の上にある既存システムとも互換性があり、容易に適合します。こうしたシステムにより、輸送関連企業は自社のインフラに充電戦略を最適な形で適合させることができるのです。

Share this content: